講座のご案内

[08]まいぶん「こまつ学」講座

講座回数:全5回

受講料 ¥ 3,000 税込

※登録料として1,000円が別途必要です(1回限り)。


まいぶん「こまつ学」講座では、こまつの歴史を学ぶことで自らの原点を知り、地元の魅力を語る人を育てます。
小松駅東に展開する弥生時代の大規模環濠集落「八日市地方遺跡」は、広域交流とものづくりの拠点として栄え、日本海側に「こまつ文化圏」を形成したといわれています。
弥生のこまつびとが躍動した「こまつの原風景」を描き出したい。出土品がいかに膨大とはいえ、得られる情報は限られています。その原風景には、きっと私たちが忘れようとしている情景や失われそうなもの、大切にしなければならないものがつまっているような気がします。考古学は未来のかけはし。今回の「こまつ学」講座では、今、自然と向き合っている講師をお招きし、弥生人と生き物のかかわり方、弥生時代の情景に思いを馳せ、現在・そして未来の「自然」との向き合い方について考える機会とします。

講師

埋蔵文化財センター 下濱貴子
猟師 千松信也
石川県立大学客員教授 上田哲行
百姓・農と自然の研究所代表 宇根豊
天理大学客員教授 深澤芳樹

時間

14:00~15:30

会場

公立小松大学中央キャンパスほか

定員

50名

受講料内訳

受講料 2,500円
教材費 500円

単位数

1単位

募集に関する詳細は募集要項をご覧ください。

申し込み